FC2ブログ

プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

オリーブオイル「ライニ」

夏に美味しい納豆の食べ方を発見しましました。
きゅうりのみじん切りとエクストラバージンオリーブオイルです。
夏に相う。
オリーブオイルは和食と相性の良いクレタ島の「ライニ」です。
色は薄緑色です。ほんのりとした甘み、軽い苦みを持った上品な味と香りです。和食と合わせても風味を引き立てます。
ライニ エクストラバージンオリーブオイル

8月からアマゾンで購入できるようになりました。
品質と価格のコストパフォーマンスは最高です。
エクストラバージンオリーブオイル「ライニ」ギリシャクレタ島産

ライニ (Laini) エクストラバージンオリーブオイル ギリシャ クレタ島産 コールドプレス製法 酸度0.1%~0.5% 500ml
スポンサーサイト

お勧め 激安プリンタCANON iP2700の性能

インクジェットプリンタの中で最安値のキャノンPIXUS iP2700を購入してみました。
Amazonで約3,000円です。詰め替えインクより安い激安プリンタです。インクジェットプリンタの泣き所はヘッドの目詰まりですが、ヘッドクリーニングを繰り返しても直らない場合は緊急にAmazonでこの最安値プリンタを購入するというのもありでは無いでしょうか。

PIXUS iP2700付属品

急いでいる場合はコンビニプリントという方法もありますが、プリントしてみて初めて気づくミスは多いです。部分的にフォントが違っていた、モニタで見ていたレイアウトと印象が違う等々、いちいち自宅に戻ってPDFファイルに変換するのは面倒です。ノートPCをコンビニに持ち込んでその場で修正するというなら有りですが。

PIXUS iP2700は本体よりもインクの方が高いとか排紙トレイがないとか色々悪評は多いのですが、プリンタなんてたまにしか使わないという人にはこのiP2700で十分ではないでしょうか。インクが切れたらAmazonでもう一台注文すれば良しです。価格は変動するようですが、約3,000円という激安は変わりません。
付属品は電源ケーブルとインク(BC-311・BC-310)にセットアップCD-ROM/スタートガイドです。

USBケーブルは付属しません。コストダウンでしょうか。
ダイソーが近くにあれば100円のUSBケーブルでOKなのですが、USBケーブルが付属していないとライトユーザーは「つながらない」と、パニックになるでしょう。

本体はやや古い機種のプリンターですがファームウェアは最新なのでWindows10の場合は、ドライバーをインストールしなくても電源を入れるだけで使えてしまう点は優秀です。

PIXUS iP2700のインク(BC-311・BC-310)

インクカートリッジは驚くほど小さいです。インクタンクとプリントヘッドを一体化したカートリッジですが、シアン・マゼンタ・イエローが一体となったカートリッジとブラックカートリッジの大きさが同じということは、このプリンタの寿命はカラーカートリッジの使い方次第でしょうか。印刷画面で「プリント設定」から「基本設定」を選ぶと「モノクロ印刷」にチェックを付けることができます。

通常のモノクロ印刷は、本来不要なカラーインクが印刷毎に黒に混ぜられて減って行きます。しかしiP2700には黒インクのみを使用する「モノクロ印刷」設定があり、全くカラーインクを消費せずに顔料系黒インクだけを使用した完全なモノクロプリントが可能です。

カラーインクが無くても印刷できるというのは優れた機能だと思います。

CANON-PIXUS-iP2700は、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません

仕様は解像度が4,800×1,200dpi、最小インク滴サイズが2pl(ピコリットル)です。上位モデルの解像度9,600x2,400dpiに比べれば1/4ですが、印刷品質はあなどれないです。

多分A4サイズの最高品質の写真プリントで印刷出来る枚数は30枚程度だと思います。フル写真プリントの年賀状なら120枚。“きれい”の設定で写真プリントを行う場合は要注意です。でもまあ普通のインクジェット用紙の年賀状なら400枚ぐらいは印刷できるでしょうから問題無しでしょうか。

実際に使用してみて、A4の普通紙カラープリントは約200枚、写真プリントは『ハガキ』サイズで約20枚印刷できました。この辺りでカラー印刷の色がおかしくなり、黒インクのみの印刷もかすれ始めました。

PIXUS iP2700 キヤノンプリンタ

さて、このプリンターの大きなアドバンテージなのですが、厚手の年賀状でも問題無く印刷できるという点です。

お洒落でコンパクトな多機能機種の唯一の欠点、『前面給紙&前面排紙は便利だけど、中で紙を180度折り返す機構の為、年賀状のような厚みがある紙は折り返せず、紙詰まりになる』、CANON PIXUS iP2700なら印画紙を使った写真年賀状の宛名面も問題無く印刷できます。

宛名面は黒しか使用しませんから、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません。
このプリンターには黒インクだけで印刷できるという特徴があります。

通常のモノクロ印刷は、本来不要なカラーインクが印刷毎に黒に混ぜられて減って行きます。しかしiP2700には黒インクのみを使用する「モノクロ印刷」設定があり、全くカラーインクを消費せずに顔料系黒インクだけを使用した完全なモノクロプリントが可能です。

CANON-PIXUS-iP2700は、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません

昔ながらの背面給紙の機種であっても、コンパクトさを追求して給紙トレイがプリンタ本体に対して直角になっているタイプは紙を引き込むローラーが滑ってしまい厚手の年賀状は給紙できず印刷出来ません。

普段はお洒落でコンパクトな多機能機種を使用して、年賀状のシーズンだけこのCANON PIXUS iP2700を使用するという使い方もありだと思います。

CANONiP2700は、厚手の年賀状でも問題無く印刷できます。

ところで、印刷品質ですが、インクジェットプリンターの品質としてはまったく問題ないレベルです。普通の文書印刷ではブラックインクが顔料系iインクのためか、くっきりして見えます。普通紙を使った文書印刷では明らかに染料プリンタより優れた印刷結果です。

実はこのプリンタ、カラーインクは染料系なのですがブラックインクだけ顔料系です。
染料系は染料インクを用紙の表面に染み込ませるのに対し、顔料系は顔料インクを用紙の表面に付着させます。顔料系インクは文字などの輪郭、コントラストがはっきり表現できるという長所を持っているようです。

普通紙にモノクロ設定で印刷した場合、黒インクの発色はレーザープリンタとほぼ同等レベルです。しかしせっかくインクジェットプリンターなのだからインクジェット専用紙を使ってテストしてみました。FUJIFILMの画彩というスーパーファイン紙です。

激安プリンタiP2700の印刷品質

↑比較したインクジェットプリンタはかなり古い機種ですが、黒の発色が確実に違います。ドットレベルまで拡大すると違いは一目瞭然。

写真用紙を使った写真プリントの結果も非常に良い結果です。発色は非常に鮮やかで6色カラーインクのプリンタと比べても素人目には遜色ないレベルです。ただし写真プリントで印刷出来る枚数は非常に少ないので覚悟の上で。

ドライバの印刷設定は充実しています。用紙の種類も分かりやすいですし、2ページ/4ページを集約する機能、手動の両面印刷、モノクロ印刷にも対応しています。

PIXUS iP2700のドライバの印刷設定

ユーティリティには給紙ローラークリーニングまで付いています。給紙ローラーの汚れやへたれで給紙ミスによる印刷失敗もインクジェットプリンタの泣き所です。給紙ローラーがへたれるまでインクは持たないでしょうから無駄な機能かもしれませんが、たまに普通紙プリントを行う程度であれば2~3年は持ちこたえる可能性があるので、この機能はありがたいです。

ちょっと注意は「自動電源オフ」機能がデフォルトでオンになっていますからオフに切り替えておかないと、電源オフで印刷実行を繰り返してしまい、無駄に印刷ジョブがたまって大変なことになります。

PIXUS iP2700のユーティリティ画面

毎日プリントアウトを行う人には絶対お勧めできませんが、ボディはコンパクトだし普段は本棚にでもしまって置いて、たまに数枚印刷するだけという使い方ならかなりお勧めできます。キャノンブランドは伊達ではありません。性能は十分です。インクが切れたら買い替えなので全くエコではありませんが、たまにしかプリンタを使用しない人にとってコストパフォーマンスはダントツに優れます。

プリントスピードはやはり遅いようです。A4カラー普通紙のプリントで約30秒。10枚連続プリントすると5分かかります。



インクジェットインクは紙に浸透することによって定着します。
プリンタヘッドから吹き付けられたインク液が紙の上で広がる現象は、紙の空隙部分にインク液が吸収され浸透していくためです。

この時、滲みが発生します。高画質な画像を得るためには、コピー紙では無く、専用のコーティングが施された滲みの少ないインクジェットプリンタ専用用紙を使用するのがお薦めです。今は専用紙もコピー紙の1/5程度と安いですから。

という訳で、インクジェットプリンタ専用用紙でも印刷スピードをテストしてみました。



下記の設定でA4が約2分でした。
設定:標準印刷
用紙の種類:高品位専用紙
印刷品質:きれい

今回使用した用紙は『画彩 FUJIFILM スーパーファイン マット 厚手』です。100枚で760円、200枚で1270円と、かなりリーズナブル。
画質はかなり良い仕上がりです。写真部分はしっとり感が出てしまっていますが、イラスト部分の発色は明らかにコピー紙とは違います。文字は顔料系のブラックインクならではの光沢と黒さ。印刷スピードは遅いが、印刷画質は大変良いことが分かりました。

こうなったら、やはり写真プリントも試さずにはいられません。インクをケチってはがきにしました。



下記の設定ではがきが約1分でした。
設定:写真印刷
用紙の種類:光沢写真専用紙
印刷品質:きれい

用紙は『画彩 FUJIFILM はがき用紙 光沢仕上げ』です。120枚で900円。顔料インクでも染料インクでも使える用紙です。
画質はかなり良いです。
高画質モデル(6色)に比べてそん色無いよう見えますが、どうなのでしょうか。古いモデルですが6色インクのプリンターと比べてみました。

二台のプリンターで印刷した写真をスキャンしたものです。

CANON iP2700の写真プリント

色味が多少違いますが、画質に違いは無いように見えます。これでは面白くないので拡大してみました。

CANON iP2700の写真プリントの拡大

今回の比較は、たまたまコントラストが強めに仕上がる6色プリンターの分が悪かったようです。…マサカコンナケッカに。

でも、まあ、CANON iP2700は黒インクが顔料系なので普通の文書は大変キレイにプリントできる。写真用紙を使った写真プリントもキレイに印刷できる、ということが分かりました(冷汗。

インクが切れる前にAMAZONでもう一台注文するつもりですが、春先や年賀状作成シーズンには売り切れているかもしれません。詰め替えインクを用意すると思ってもう一台注文します。外箱はそれなりに大きいのですが本体は小型なのでストックして置いても大して邪魔にはなりません。

使い捨てだとか、安いっぽいとか叩かれていますが、良いプリンターだと思います。

PIXUS iP2700の写真


価格.comは本当に安いのか?

ずっと目をつけていたテレビをやっと購入したはいいが、1ヶ月以上も箱の中です。
SONY BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]

SONY BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]

何故この機種かというと、
1)32インチサイズで1920X1080ピクセルのフルハイビジョン
2)HDMI端子が4つ付いているのでパソコン用モニタにも使える
 (レコーダー・プレーヤー・Mac・Windows)
3)店頭で比べる限り、発色が良く、白から黒へのグラデーションが滑らか(専門用語で「ラティチュードが広い」と表現します)
4)後継機のLED採用液晶タイプと比較して、映り具合も電気代も変わらない。

価格.comの最安値

上が今日(2012/1/17)の価格.comの最安値ですが、私が購入した価格は29,800円です。
たまたま通りかかった駅前のカメラ屋で在庫処分をしていました。
年末でしたからね。在庫は4台ほどありました。

レシート

実はこのサイズで「フルハイビジョン・この価格」の対抗馬が無いのです。
不思議ですよね。 TVなんて無数に出ているのにライバル無しの空白地帯が存在するわけです。
だから価格も多少の上下はありますがほぼ一定しています。
ん?むしろ値上がっている?

BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]価格推移グラフ

必ず価格.comが最安値とは限らない、というか、こんなにも値段の開きがあるとは一体この業界はどうなっているんでしょう? Yahooオークションでも34,000円を切りません。34,000円+送料です。160cmサイズを超えるのでもちろん宅配便は使えません。ヤマト便です。近郊でも1470円かかります。

今回は偶然なのですが、価格.comを出し抜く「あの手この手」は他にもありそうです。「あの手この手」を発見したら追記します。

テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

>?xml" title="RSS" />

プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

オリーブオイル「ライニ」

夏に美味しい納豆の食べ方を発見しましました。
きゅうりのみじん切りとエクストラバージンオリーブオイルです。
夏に相う。
オリーブオイルは和食と相性の良いクレタ島の「ライニ」です。
色は薄緑色です。ほんのりとした甘み、軽い苦みを持った上品な味と香りです。和食と合わせても風味を引き立てます。
ライニ エクストラバージンオリーブオイル

8月からアマゾンで購入できるようになりました。
品質と価格のコストパフォーマンスは最高です。
エクストラバージンオリーブオイル「ライニ」ギリシャクレタ島産

ライニ (Laini) エクストラバージンオリーブオイル ギリシャ クレタ島産 コールドプレス製法 酸度0.1%~0.5% 500ml
スポンサーサイト

お勧め 激安プリンタCANON iP2700の性能

インクジェットプリンタの中で最安値のキャノンPIXUS iP2700を購入してみました。
Amazonで約3,000円です。詰め替えインクより安い激安プリンタです。インクジェットプリンタの泣き所はヘッドの目詰まりですが、ヘッドクリーニングを繰り返しても直らない場合は緊急にAmazonでこの最安値プリンタを購入するというのもありでは無いでしょうか。

PIXUS iP2700付属品

急いでいる場合はコンビニプリントという方法もありますが、プリントしてみて初めて気づくミスは多いです。部分的にフォントが違っていた、モニタで見ていたレイアウトと印象が違う等々、いちいち自宅に戻ってPDFファイルに変換するのは面倒です。ノートPCをコンビニに持ち込んでその場で修正するというなら有りですが。

PIXUS iP2700は本体よりもインクの方が高いとか排紙トレイがないとか色々悪評は多いのですが、プリンタなんてたまにしか使わないという人にはこのiP2700で十分ではないでしょうか。インクが切れたらAmazonでもう一台注文すれば良しです。価格は変動するようですが、約3,000円という激安は変わりません。
付属品は電源ケーブルとインク(BC-311・BC-310)にセットアップCD-ROM/スタートガイドです。

USBケーブルは付属しません。コストダウンでしょうか。
ダイソーが近くにあれば100円のUSBケーブルでOKなのですが、USBケーブルが付属していないとライトユーザーは「つながらない」と、パニックになるでしょう。

本体はやや古い機種のプリンターですがファームウェアは最新なのでWindows10の場合は、ドライバーをインストールしなくても電源を入れるだけで使えてしまう点は優秀です。

PIXUS iP2700のインク(BC-311・BC-310)

インクカートリッジは驚くほど小さいです。インクタンクとプリントヘッドを一体化したカートリッジですが、シアン・マゼンタ・イエローが一体となったカートリッジとブラックカートリッジの大きさが同じということは、このプリンタの寿命はカラーカートリッジの使い方次第でしょうか。印刷画面で「プリント設定」から「基本設定」を選ぶと「モノクロ印刷」にチェックを付けることができます。

通常のモノクロ印刷は、本来不要なカラーインクが印刷毎に黒に混ぜられて減って行きます。しかしiP2700には黒インクのみを使用する「モノクロ印刷」設定があり、全くカラーインクを消費せずに顔料系黒インクだけを使用した完全なモノクロプリントが可能です。

カラーインクが無くても印刷できるというのは優れた機能だと思います。

CANON-PIXUS-iP2700は、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません

仕様は解像度が4,800×1,200dpi、最小インク滴サイズが2pl(ピコリットル)です。上位モデルの解像度9,600x2,400dpiに比べれば1/4ですが、印刷品質はあなどれないです。

多分A4サイズの最高品質の写真プリントで印刷出来る枚数は30枚程度だと思います。フル写真プリントの年賀状なら120枚。“きれい”の設定で写真プリントを行う場合は要注意です。でもまあ普通のインクジェット用紙の年賀状なら400枚ぐらいは印刷できるでしょうから問題無しでしょうか。

実際に使用してみて、A4の普通紙カラープリントは約200枚、写真プリントは『ハガキ』サイズで約20枚印刷できました。この辺りでカラー印刷の色がおかしくなり、黒インクのみの印刷もかすれ始めました。

PIXUS iP2700 キヤノンプリンタ

さて、このプリンターの大きなアドバンテージなのですが、厚手の年賀状でも問題無く印刷できるという点です。

お洒落でコンパクトな多機能機種の唯一の欠点、『前面給紙&前面排紙は便利だけど、中で紙を180度折り返す機構の為、年賀状のような厚みがある紙は折り返せず、紙詰まりになる』、CANON PIXUS iP2700なら印画紙を使った写真年賀状の宛名面も問題無く印刷できます。

宛名面は黒しか使用しませんから、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません。
このプリンターには黒インクだけで印刷できるという特徴があります。

通常のモノクロ印刷は、本来不要なカラーインクが印刷毎に黒に混ぜられて減って行きます。しかしiP2700には黒インクのみを使用する「モノクロ印刷」設定があり、全くカラーインクを消費せずに顔料系黒インクだけを使用した完全なモノクロプリントが可能です。

CANON-PIXUS-iP2700は、印刷の詳細設定で「モノクロ印刷」を選べばカラーインクは消費しません

昔ながらの背面給紙の機種であっても、コンパクトさを追求して給紙トレイがプリンタ本体に対して直角になっているタイプは紙を引き込むローラーが滑ってしまい厚手の年賀状は給紙できず印刷出来ません。

普段はお洒落でコンパクトな多機能機種を使用して、年賀状のシーズンだけこのCANON PIXUS iP2700を使用するという使い方もありだと思います。

CANONiP2700は、厚手の年賀状でも問題無く印刷できます。

ところで、印刷品質ですが、インクジェットプリンターの品質としてはまったく問題ないレベルです。普通の文書印刷ではブラックインクが顔料系iインクのためか、くっきりして見えます。普通紙を使った文書印刷では明らかに染料プリンタより優れた印刷結果です。

実はこのプリンタ、カラーインクは染料系なのですがブラックインクだけ顔料系です。
染料系は染料インクを用紙の表面に染み込ませるのに対し、顔料系は顔料インクを用紙の表面に付着させます。顔料系インクは文字などの輪郭、コントラストがはっきり表現できるという長所を持っているようです。

普通紙にモノクロ設定で印刷した場合、黒インクの発色はレーザープリンタとほぼ同等レベルです。しかしせっかくインクジェットプリンターなのだからインクジェット専用紙を使ってテストしてみました。FUJIFILMの画彩というスーパーファイン紙です。

激安プリンタiP2700の印刷品質

↑比較したインクジェットプリンタはかなり古い機種ですが、黒の発色が確実に違います。ドットレベルまで拡大すると違いは一目瞭然。

写真用紙を使った写真プリントの結果も非常に良い結果です。発色は非常に鮮やかで6色カラーインクのプリンタと比べても素人目には遜色ないレベルです。ただし写真プリントで印刷出来る枚数は非常に少ないので覚悟の上で。

ドライバの印刷設定は充実しています。用紙の種類も分かりやすいですし、2ページ/4ページを集約する機能、手動の両面印刷、モノクロ印刷にも対応しています。

PIXUS iP2700のドライバの印刷設定

ユーティリティには給紙ローラークリーニングまで付いています。給紙ローラーの汚れやへたれで給紙ミスによる印刷失敗もインクジェットプリンタの泣き所です。給紙ローラーがへたれるまでインクは持たないでしょうから無駄な機能かもしれませんが、たまに普通紙プリントを行う程度であれば2~3年は持ちこたえる可能性があるので、この機能はありがたいです。

ちょっと注意は「自動電源オフ」機能がデフォルトでオンになっていますからオフに切り替えておかないと、電源オフで印刷実行を繰り返してしまい、無駄に印刷ジョブがたまって大変なことになります。

PIXUS iP2700のユーティリティ画面

毎日プリントアウトを行う人には絶対お勧めできませんが、ボディはコンパクトだし普段は本棚にでもしまって置いて、たまに数枚印刷するだけという使い方ならかなりお勧めできます。キャノンブランドは伊達ではありません。性能は十分です。インクが切れたら買い替えなので全くエコではありませんが、たまにしかプリンタを使用しない人にとってコストパフォーマンスはダントツに優れます。

プリントスピードはやはり遅いようです。A4カラー普通紙のプリントで約30秒。10枚連続プリントすると5分かかります。



インクジェットインクは紙に浸透することによって定着します。
プリンタヘッドから吹き付けられたインク液が紙の上で広がる現象は、紙の空隙部分にインク液が吸収され浸透していくためです。

この時、滲みが発生します。高画質な画像を得るためには、コピー紙では無く、専用のコーティングが施された滲みの少ないインクジェットプリンタ専用用紙を使用するのがお薦めです。今は専用紙もコピー紙の1/5程度と安いですから。

という訳で、インクジェットプリンタ専用用紙でも印刷スピードをテストしてみました。



下記の設定でA4が約2分でした。
設定:標準印刷
用紙の種類:高品位専用紙
印刷品質:きれい

今回使用した用紙は『画彩 FUJIFILM スーパーファイン マット 厚手』です。100枚で760円、200枚で1270円と、かなりリーズナブル。
画質はかなり良い仕上がりです。写真部分はしっとり感が出てしまっていますが、イラスト部分の発色は明らかにコピー紙とは違います。文字は顔料系のブラックインクならではの光沢と黒さ。印刷スピードは遅いが、印刷画質は大変良いことが分かりました。

こうなったら、やはり写真プリントも試さずにはいられません。インクをケチってはがきにしました。



下記の設定ではがきが約1分でした。
設定:写真印刷
用紙の種類:光沢写真専用紙
印刷品質:きれい

用紙は『画彩 FUJIFILM はがき用紙 光沢仕上げ』です。120枚で900円。顔料インクでも染料インクでも使える用紙です。
画質はかなり良いです。
高画質モデル(6色)に比べてそん色無いよう見えますが、どうなのでしょうか。古いモデルですが6色インクのプリンターと比べてみました。

二台のプリンターで印刷した写真をスキャンしたものです。

CANON iP2700の写真プリント

色味が多少違いますが、画質に違いは無いように見えます。これでは面白くないので拡大してみました。

CANON iP2700の写真プリントの拡大

今回の比較は、たまたまコントラストが強めに仕上がる6色プリンターの分が悪かったようです。…マサカコンナケッカに。

でも、まあ、CANON iP2700は黒インクが顔料系なので普通の文書は大変キレイにプリントできる。写真用紙を使った写真プリントもキレイに印刷できる、ということが分かりました(冷汗。

インクが切れる前にAMAZONでもう一台注文するつもりですが、春先や年賀状作成シーズンには売り切れているかもしれません。詰め替えインクを用意すると思ってもう一台注文します。外箱はそれなりに大きいのですが本体は小型なのでストックして置いても大して邪魔にはなりません。

使い捨てだとか、安いっぽいとか叩かれていますが、良いプリンターだと思います。

PIXUS iP2700の写真


価格.comは本当に安いのか?

ずっと目をつけていたテレビをやっと購入したはいいが、1ヶ月以上も箱の中です。
SONY BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]

SONY BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]

何故この機種かというと、
1)32インチサイズで1920X1080ピクセルのフルハイビジョン
2)HDMI端子が4つ付いているのでパソコン用モニタにも使える
 (レコーダー・プレーヤー・Mac・Windows)
3)店頭で比べる限り、発色が良く、白から黒へのグラデーションが滑らか(専門用語で「ラティチュードが広い」と表現します)
4)後継機のLED採用液晶タイプと比較して、映り具合も電気代も変わらない。

価格.comの最安値

上が今日(2012/1/17)の価格.comの最安値ですが、私が購入した価格は29,800円です。
たまたま通りかかった駅前のカメラ屋で在庫処分をしていました。
年末でしたからね。在庫は4台ほどありました。

レシート

実はこのサイズで「フルハイビジョン・この価格」の対抗馬が無いのです。
不思議ですよね。 TVなんて無数に出ているのにライバル無しの空白地帯が存在するわけです。
だから価格も多少の上下はありますがほぼ一定しています。
ん?むしろ値上がっている?

BRAVIA KDL-32CX400 [32インチ]価格推移グラフ

必ず価格.comが最安値とは限らない、というか、こんなにも値段の開きがあるとは一体この業界はどうなっているんでしょう? Yahooオークションでも34,000円を切りません。34,000円+送料です。160cmサイズを超えるのでもちろん宅配便は使えません。ヤマト便です。近郊でも1470円かかります。

今回は偶然なのですが、価格.comを出し抜く「あの手この手」は他にもありそうです。「あの手この手」を発見したら追記します。

テーマ : 商品情報
ジャンル : ブログ

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: