プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

カブトムシの亜種はもう1種類いる ナタカブトムシ

日本国内に生息しているカブトムシの種類は2種、4亜種だそうですが、実はもう1種います。
亜種固有種だと思いますが、地元ではその長い角から「ナタ」と呼ばれていました。

ヤマトカブトムシとの違いは角の長さです。普通のカブトムシに比べて2倍以上角が長いのです。亜種なのか変種なのか分かりませんが、名前を付けて区別されていた事と、長期にわたって毎年採取されていたことから突然変異で無いことは確かです。

↓ナタカブトムシのイメージ合成です(盛って無いですよ。先端は少し盛りました…)
カブトムシの亜種・固有種:ナタカブトムシのイメージ

保護されていないのでヤマトカブトムシとの交雑が進んでいる事と、その生息地が今では軽井沢のような別荘地になってしまった事から、絶滅してしまったかもしれません。しかし別荘地になってしまった生息地の奥は道も無いような深い山なので、本気になって捜索したら捕獲できる可能性はあります。

ナタカブトムシは地元のガキどにも滅多に捕れないムシキングでしたが、一度だけ捕りたてを見たことがあります。その日はオオクワガタを捕まえて得意満面だったのですが、ナタには完敗です。

あの地域には「ナタ」がいると父から聞いていましたが、半信半疑でした。しかし生きた実物を見てしまいました。カブトムシとしては小ぶりで色も赤茶色の個体でしたが、角が胴体とほぼ同じ長さでした。「ナタ」という名前通りのとんでもない角のカブトムシです。

生息地の伊豆半島は暖かい地域なのでクワガタムシはたくさん捕れましたが、なぜかカブトムシはあまり生息していませんでした。クワガタはザクザク捕れるが、カブトムシはひと夏で2~3匹しか捕れないような地域です。伊豆半島にカブトムシが少ない理由は謎ですが、伊豆半島の成り立ちと関係があるかもしれません。

ヤマトカブトムシ

つまり、カブトムシは体が重い。体が重いので遠くまでは飛翔できない。カブトムシは自力では海を渡れない。島にカブトムシがいる場合は、流木にでもしがみついて運良く辿り着いて来た個体の子孫だと考えられる。伊豆半島は元々フィリピン海プレート上の島だった。絶海の孤島だったのです。

伊豆半島はかつては南洋にあった火山島で、プレートの北上に伴い約60万年前本州に衝突して誕生したそうです。[1]
60万年前までは本州とは隔絶された沖縄より大きな孤島だったわけですから、亜種が存在していても不思議ではありません。かつて大陸や日本と陸続きだった琉球諸島でさえ、オキナワカブトムシのような亜種が存在します。

カブトムシの雄の角は、雄同士の闘争では長い方がよく、天敵から狙われるのを避けるには短い方がよいそうです。[2]
天敵とはタヌキやハシブトガラスですが、最大の天敵であるタヌキは現在でも伊豆七島には分布していません。

↓リスはたくさんいます。もちろん今ではタヌキもいます。
伊豆の生物相 リス

伊豆半島の生物相が元々海洋島へ漂着した生物を起源としているのなら、伊豆半島が本州に衝突するまでの間は、天敵のタヌキが居なかったので、雄同士の闘争で有利な角の長い個体が優位に立ち、どんどん角が伸びる方向に進化したとは考えられないでしょうか。

四方を海に囲まれた島という独特の条件下では種分化の速度は格段に早まるはずです。
「天敵から目立つ」という理由で程よい長さに保たれていた角が、天敵から身を守るという制限が無くなり、リミッターが解除されたとしたらどうなるでしょう。

雄同士の闘争に有利な角の長い個体群の遺伝子が少なくとも60万年の間、一方的に有利な状態にあったとしたら、胴体と同じかそれ以上に長い角を持ったカブトムシが出現しても不思議ではありません。

この条件をインプットしてスパコンにでも計算させてみれば上のイメージ写真以上のカブトムシが誕生するかも知れません。

問題は今でもこの亜種あるいは固有種が生き残っているかどうかです。
でも、見つかってニュースにでもなれば今度こそ本当に絶滅してしまうかもしれません。

↓ここがナタカブトムシの生息地です。クルマもボロボロになっちゃいます。
ナタカブトムシの生息地

脚注:
[1]伊豆半島ジオパークのテーマ | 南から来た火山の贈りもの
[2]ナショナルジオグラフィック ニュース カブトムシの角は矛盾だった



スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

>?xml" title="RSS" />

プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

カブトムシの亜種はもう1種類いる ナタカブトムシ

日本国内に生息しているカブトムシの種類は2種、4亜種だそうですが、実はもう1種います。
亜種固有種だと思いますが、地元ではその長い角から「ナタ」と呼ばれていました。

ヤマトカブトムシとの違いは角の長さです。普通のカブトムシに比べて2倍以上角が長いのです。亜種なのか変種なのか分かりませんが、名前を付けて区別されていた事と、長期にわたって毎年採取されていたことから突然変異で無いことは確かです。

↓ナタカブトムシのイメージ合成です(盛って無いですよ。先端は少し盛りました…)
カブトムシの亜種・固有種:ナタカブトムシのイメージ

保護されていないのでヤマトカブトムシとの交雑が進んでいる事と、その生息地が今では軽井沢のような別荘地になってしまった事から、絶滅してしまったかもしれません。しかし別荘地になってしまった生息地の奥は道も無いような深い山なので、本気になって捜索したら捕獲できる可能性はあります。

ナタカブトムシは地元のガキどにも滅多に捕れないムシキングでしたが、一度だけ捕りたてを見たことがあります。その日はオオクワガタを捕まえて得意満面だったのですが、ナタには完敗です。

あの地域には「ナタ」がいると父から聞いていましたが、半信半疑でした。しかし生きた実物を見てしまいました。カブトムシとしては小ぶりで色も赤茶色の個体でしたが、角が胴体とほぼ同じ長さでした。「ナタ」という名前通りのとんでもない角のカブトムシです。

生息地の伊豆半島は暖かい地域なのでクワガタムシはたくさん捕れましたが、なぜかカブトムシはあまり生息していませんでした。クワガタはザクザク捕れるが、カブトムシはひと夏で2~3匹しか捕れないような地域です。伊豆半島にカブトムシが少ない理由は謎ですが、伊豆半島の成り立ちと関係があるかもしれません。

ヤマトカブトムシ

つまり、カブトムシは体が重い。体が重いので遠くまでは飛翔できない。カブトムシは自力では海を渡れない。島にカブトムシがいる場合は、流木にでもしがみついて運良く辿り着いて来た個体の子孫だと考えられる。伊豆半島は元々フィリピン海プレート上の島だった。絶海の孤島だったのです。

伊豆半島はかつては南洋にあった火山島で、プレートの北上に伴い約60万年前本州に衝突して誕生したそうです。[1]
60万年前までは本州とは隔絶された沖縄より大きな孤島だったわけですから、亜種が存在していても不思議ではありません。かつて大陸や日本と陸続きだった琉球諸島でさえ、オキナワカブトムシのような亜種が存在します。

カブトムシの雄の角は、雄同士の闘争では長い方がよく、天敵から狙われるのを避けるには短い方がよいそうです。[2]
天敵とはタヌキやハシブトガラスですが、最大の天敵であるタヌキは現在でも伊豆七島には分布していません。

↓リスはたくさんいます。もちろん今ではタヌキもいます。
伊豆の生物相 リス

伊豆半島の生物相が元々海洋島へ漂着した生物を起源としているのなら、伊豆半島が本州に衝突するまでの間は、天敵のタヌキが居なかったので、雄同士の闘争で有利な角の長い個体が優位に立ち、どんどん角が伸びる方向に進化したとは考えられないでしょうか。

四方を海に囲まれた島という独特の条件下では種分化の速度は格段に早まるはずです。
「天敵から目立つ」という理由で程よい長さに保たれていた角が、天敵から身を守るという制限が無くなり、リミッターが解除されたとしたらどうなるでしょう。

雄同士の闘争に有利な角の長い個体群の遺伝子が少なくとも60万年の間、一方的に有利な状態にあったとしたら、胴体と同じかそれ以上に長い角を持ったカブトムシが出現しても不思議ではありません。

この条件をインプットしてスパコンにでも計算させてみれば上のイメージ写真以上のカブトムシが誕生するかも知れません。

問題は今でもこの亜種あるいは固有種が生き残っているかどうかです。
でも、見つかってニュースにでもなれば今度こそ本当に絶滅してしまうかもしれません。

↓ここがナタカブトムシの生息地です。クルマもボロボロになっちゃいます。
ナタカブトムシの生息地

脚注:
[1]伊豆半島ジオパークのテーマ | 南から来た火山の贈りもの
[2]ナショナルジオグラフィック ニュース カブトムシの角は矛盾だった



スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: