プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

ニセ【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)が昨日から度々届きます。
本物の楽天のメールアドレスorder@rakuten.co.jpからです。

偽物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

昨日買い物したばかりだから紛らわしいです。
2015年の注文確認を装ったメールとは明らかに違います。
こちらは本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)のメールです。テキスト形式なら見破れますが、楽天の「注文内容ご確認(自動配信メール)」はHTML形式のみなので見破れません。

↓本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)
本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

送信アドレスがorder@rakuten.co.jpなので全く疑わず、しつこいから止めてもらおうと、メール文中の「注文に覚えがない場合は、楽天市場までお問い合わせください」というリンク文字を押して偽装サイトへ誘導されてしまいました。

そして偽装サイトからうっかりログイン。

偽楽天会員ログイン

あ。パスワード間違えた。本当に間違えた。

偽 楽天会員ログインエラー

再入力しようと前の画面に戻り、ふとURLを見るとhttp://bo.altifresh.com/
URLが違う。やられたと気づいてあわてて本物の楽天市場 お客様サポートセンター特別窓口に問い合わせしました。

「パスワードを変えて頂くことになります」
「パスワード間違えちゃいました」
「えっと、そうですか、それではこのままで大丈夫ですぅ」

楽天の会員電話でのお問い合わせ画面

多発しているようですね。
メールアドレスは確認しても、普通ブラウザのURLは確認しません。
送付人は本物の楽天のメールアドレスだし、文面も本物の楽天のものです。もちろん添付ファイルなどありません。

IDとパスワードを入力した瞬間、登録クレジットカード決済で買い物され放題になります。換金率の良い「新幹線の回数券」を配送枚数上限まで買われたら大変な事態です。

メールは完全に楽天のアドレスなのでメールでは見抜けません。ブラウザのURLの確認のみが見抜く方法です。

これは巧妙。メールアドレスは確認してもブラウザのURLを確認する人は普通いません。普通、そのままIDとパスワードを入力してログインしますよ。

「楽天市場利用の際には、URLが正規のものか確認するように」って楽天では呼び掛けていますが、だれが見ますかURLなんて。

上手いこと考えたものだ。真似出来ないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

>?xml" title="RSS" />

プーライフ

ベッド上収納のような不可能と誰もが思っていた非常識克服の日々を綴ったブログ。これは無理だ!という無謀なチャレンジに打ちのめされては立ち上がる著者の奮闘はいかに!そして、サラリーマンを脱落した著者のモチベーションは、いったいどこまで続くのか!グッジョブ、著者!&おつかれどんっ。∠(∵)

ニセ【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)が昨日から度々届きます。
本物の楽天のメールアドレスorder@rakuten.co.jpからです。

偽物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

昨日買い物したばかりだから紛らわしいです。
2015年の注文確認を装ったメールとは明らかに違います。
こちらは本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)のメールです。テキスト形式なら見破れますが、楽天の「注文内容ご確認(自動配信メール)」はHTML形式のみなので見破れません。

↓本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)
本物の【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)

送信アドレスがorder@rakuten.co.jpなので全く疑わず、しつこいから止めてもらおうと、メール文中の「注文に覚えがない場合は、楽天市場までお問い合わせください」というリンク文字を押して偽装サイトへ誘導されてしまいました。

そして偽装サイトからうっかりログイン。

偽楽天会員ログイン

あ。パスワード間違えた。本当に間違えた。

偽 楽天会員ログインエラー

再入力しようと前の画面に戻り、ふとURLを見るとhttp://bo.altifresh.com/
URLが違う。やられたと気づいてあわてて本物の楽天市場 お客様サポートセンター特別窓口に問い合わせしました。

「パスワードを変えて頂くことになります」
「パスワード間違えちゃいました」
「えっと、そうですか、それではこのままで大丈夫ですぅ」

楽天の会員電話でのお問い合わせ画面

多発しているようですね。
メールアドレスは確認しても、普通ブラウザのURLは確認しません。
送付人は本物の楽天のメールアドレスだし、文面も本物の楽天のものです。もちろん添付ファイルなどありません。

IDとパスワードを入力した瞬間、登録クレジットカード決済で買い物され放題になります。換金率の良い「新幹線の回数券」を配送枚数上限まで買われたら大変な事態です。

メールは完全に楽天のアドレスなのでメールでは見抜けません。ブラウザのURLの確認のみが見抜く方法です。

これは巧妙。メールアドレスは確認してもブラウザのURLを確認する人は普通いません。普通、そのままIDとパスワードを入力してログインしますよ。

「楽天市場利用の際には、URLが正規のものか確認するように」って楽天では呼び掛けていますが、だれが見ますかURLなんて。

上手いこと考えたものだ。真似出来ないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

Author:M
ノルマ50万本のゲーム制作前線のディレクターから新入社員育成の人事部に転落。新人相手にのんびりしていたら、ヒステリックな上司に睨まれて会社を蹴落とされ、更にのんびりとしたセカンドライフに突入。今は犬の餌作りと散歩が日課。

アマゾンタイムセール@@)
うっかり開くと… 大変危険なアマゾンタイムセール。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
楽天で最近検索したアレ
楽天の検索結果の過去が自動的に表示されます。きっとHな本やDVDが表示されてる事と思います。
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: